コンピュータガイデッドサージェリー

専用のソフトウェアを使用した綿密な「シュミレーション」

インプラント治療では、「機能性」と「審美性」の回復を行います。そのためには、上部構造(顎の骨に埋入したインプラント体の上に装着する土台や人工の歯)を、あらかじめ理想的な形に設計したうえで、最も理想とする位置に、正確にインプラント体の埋入を行う必要があります。埋入予定の位置に骨が無い場合は、骨造成などの特殊な手術が必要となります。これらのことからも、インプラント治療の安全性を追求するには、歯科用CTを使用して、理想的な埋入位置の、顎の骨の状態を詳細に把握したうえで、コンピュータ上でインプラント埋入シミュレーションを行う必要があるのです。

サージカルガイドの使用

埼玉県和光市和光市駅前にある当院では、インプラント手術において「コンピュータガイデッドサージェリー(Computer Guided Surgery)」を行っています。コンピュータガイデッドサージェリーとは、専用のソフトウェアを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、「手術用のテンプレート(ガイド)=サージカルガイド」を作製し、そのガイドを用いてインプラント手術を行うことです。
これにより、計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全性を高めた正確な治療を実現するものです。

もっと簡単にいうと、通常のインプラント手術では、経験や勘を頼る部分が大きく、手の間隔を頼りに手術が行われるため、狙った位置、角度、深さに正確にインプラントを埋入する事は至難の業で、どうしてもズレが生じます。そうなると、インプラントが骨からはみ出したり、おかしな向きで埋入されたりといったことが起こる可能性が高くなります。そのため、そのような事故を防ぐために、ガイデッドサージェリーが開発されました。

また、専用のソフトウェアを用いることによって、あらゆる角度からの3次元画像による患者様への説明が可能となっています。ご自身の骨の状態、神経・血管の位置と、それらの情報に基づいた治療計画を3次元画像により把握する事で、患者様ご自身の治療内容に対する理解が深まります。

ガイドシステムによる治療の進行

1.歯科用CT撮影・検査

CTにより顎の骨や血管・神経の走行などを3次元画像で確認します。

2.診断・インプラント治療計画

CTのデータをもとに、人工歯の形態、およびインプラントの埋入位置・角度・深さなどを決定します。コンピュータ上で手術から人工歯装着までの治療計画を立てます。具体的には、人工歯の形態、使用するインプラントの種類とインプラントを埋め込む位置・角度・深さなどを計画します。

3.サージカルガイドの作成

計画通りの正確な手術を行うため、CT上での治療計画に基づいて専用のサージカルガイドを作製します。

4.サージカルガイドを使用してインプラント体を埋入

製作したガイドを患者様のお口の中に固定し、専用の器具を使用してインプラントを埋入します。これにより、コンピュータ上で計画した通りの位置・角度・深さとなるよう正確なインプラント手術が行えます。インプラントが理想的な位置に埋入されれば、機能性や審美性に優れた人工歯の作製が可能になります。

サージカルガイドでより安全性を高めた「フラップレス手術」が可能に

ガイドを使用することにより、歯肉を切開しない治療(フラップレス手術)が可能になり、患者さんの体の負担を軽減できます。
※骨量が少なく骨移植が必要な場合は、フラップレス手術の適応ではありません。

ガイデッドサージェリーのメリット(まとめ)

計画通りの位置に、狙った角度・深さで、手ブレすることなく正確に埋入できる

ガイデッドサージェリーでは、撮影したCT画像を元に、患者様の顎の骨の模型を作り「ガイド」を作製します。この「ガイド」には穴が開いていて、コンピュータシュミレーションで決定したとおりの、位置・角度・深さでしかインプラントを埋入できない仕組みとなっています。従来の手作業では、どうしてもブレがでてしまいますが、ガイデッドサージェリーでは、ガイドに沿ってドリルを進めるだけなので、手がブレて、インプラントを埋入する位置や角度、深さがズレてしまうなどと言うことは起きません。

歯肉を切開せず、従来の手術よりも痛みを抑え、腫れが少ないフラップレス手術

従来のインプラント手術では、歯肉を大きく切って、顎の骨の表面を出して、ドリルで顎の骨に穴を開けてインプラントを埋入します。対してガイデッドサージェリーでは、インプラント手術前に、コンピュータ上で細かなシミュレーションをするため、歯肉を大きく切る必要が少なく、術後の後遺症の少ないフラップレス手術を行うことができます。
※フラップレス手術はすべての症例に適応できるわけではありません。

手術時間の短縮も可能となるため患者様の体への負担が少ない

ガイドに空いている穴の通りにインプラントを埋入する手術となりますので、従来のインプラント手術と比較して、手術に要する時間を短縮することも可能となり、患者様の体への負担も軽減することが可能となっています。

 

より安全性を追求したガイデッドサージェリーは必要なもので、多くの大学病院などで、その使用を義務付けられていますが、ガイドの製作に関わるコストが嵩むこともあり、一般の歯科医院ではしっかり普及しているとはいえない状況です。 埼玉県和光市和光市駅前の当院では、ストローマン社のガイデッドサージェリーを採用、また、ストローマン社のインプラントシュミレーションソフトウェアも導入しており、できうる限り安全性を追求してインプラント手術に取り組んでおります。