歯科用CTを活用した診査・診断

精密な診査・診断と適切な治療計画が治療の成功を左右します

治療を成功させるために「現状分析」は欠かせません。現状を正確に把握してこそ、治療後の理想的な状態を決めて、適切な治療計画を立てられるのです。そのため、咬み合わせや歯の状態、歯周組織の状態、顎の骨の状態、顎の骨の神経や血管の状態などを、事細かく把握する必要があります。正確に現在の状態を「把握」することで「分析」することができ、分析結果を元に、どのような治療計画で進めていくべきかを「検討」できるのです。
これらのために、埼玉県和光市和光市駅前にある当院では「歯科用CT」を導入し、日々「診査・診断」に役立てています。

院内に「歯科用CT」を完備

埼玉県和光市の和光市駅前にある当院では、院内に「歯科用CT」を完備していますので、他の病院などへ撮影に行く必要はありません。CT撮影は全て「院内で完結」いたします。CTとは「Computed Tomography」の略で、「コンピュータ断層撮影法」のことを意味しています。CTによる検査は「エックス線」を使って身体の断面を撮影していくものとなります。
歯科用CTでは、顎の骨の状態や血管、神経などの様子を「3次元の立体画像」「輪切りの断面像」で確認することが出来ます。

簡単に言うと、従来のレントゲン撮影では「見えなかった部分」が「見える」ということです。つまりレントゲン撮影ではわからなかったことがわかるわけです。このことによりこれまでレントゲン撮影ではどうしてもはっきりせず、「予測」しなければならなかった部分が明確になるので、従来のレントゲンに比べより正確な審査・診断が可能となるのです。インプラントの手術では、安全性を追求するために、あらかじめ顎の骨の状態や、血管、神経の状態などを正確に把握する必要性があり、歯科用CTはもはや必須といっても過言ではないのです。

当院の「歯科用CT]は「座位撮影」が可能

また、当院で導入している「歯科用CT」は、「座位撮影」といって、CT撮影時に患者様は座った状態で撮影が可能となっており、患者様の負担が少ないだけでなく、立ったままで撮影する時に注意しなければならない「動きによるブレ」も押さえた形で撮影が可能となっております。

「歯科用CT」活用による精密な診査・診断

インプラント治療を成功させるために大切なのは、精密な検査を行い、詳細な情報を得て、適切に診断して、正しい治療計画を立てることです。埼玉県和光市和光市駅前にある当院では、こうした精密な診査・診断のそのために「歯科用CT」を活用しています。顎の骨の状態をつかむことも大切ですし、神経や血管の位置を把握しなければ、手術中にトラブルが発生することにもつながりかねません。そのため、当院では「歯科用CT]を活用し、しっかりとした診査・診断に役立てています。